1.17

f:id:sora-umi-inu-watashi:20220117205017j:plain

 

 

こんにちは、riecoです。
 
 
1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災から
今日で27年が経過しました。
 
その2日前の1月15日。
当時は「成人の日」という国民の祝日に制定されていて
成人式もこの日に行われるのが一般的でした。
男子はほぼスーツ、女子も振袖姿が中心で
ポートアイランドでの式典に出席するのが
神戸市の新成人の習わしでした。
振袖なんて着たくないし
見合い写真の撮影もお断り(結婚する気がない)の私は
1ヶ月前というギリギリまで反対だったのですが
これも母への親孝行なのだろう、と
渋々ながら振袖を着て式典に参加しました。
それから、2日後のことでした。
 
 
 
家を出て着付けしてもらって式典に出て
高校時代の同級生等と再会して談笑した
眠くて面倒で着付けが苦しくて
懐かしくて楽しかったはずなのだけれど
記憶のカケラもないのです。
何色の振袖を着たのかすら覚えていません。
 
とても素敵で大切で
だからずっと残るだろうと信じていても
思い出は、時々取り出してやって
優しく愛でてあげないといけない
そうしないと
簡単になくなってしまうことを知りました。
 
 
 
 
先週参加したある式典の中で
出席していた女子の成人のお祝いがありました。
古代紫地に花文様が華やかな振袖は
彼女のお顔立ちにとてもよく似合っていて
成人の喜びや感謝、社会人としての決意や夢を
初々しいながらもしっかり語った挨拶は
多くの大人達の胸を打つのには十分過ぎるぐらい
希望に満ち溢れ、キラキラ輝いていました。
 
20歳はやっぱり特別ですね。
 
多分、私が成人式に出席した時も
彼女と同じ気持ちでイッパイだったのだろうな
無くなったものは取り返せないけれど
そんな想像が出来た、いい時間でした。
 
 
それでは、また。
 
 
 
 
↓ランキング参加中!クリック頂けると励みになります↓
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

2022年、6日目です。

f:id:sora-umi-inu-watashi:20220106122654j:plain

 
 
こんにちは、riecoです。
 
 
無事に2022年を迎えました。
数字の上ではあっとゆう間の6日間ですが
1日1日を大切に心を込めて過ごせたことに
感謝しかありません。
 
 
 
 
元旦は10数年ぶりに教会のミサに参加し
今年最初に読んだ本は、とうとう手を出した聖書。
ノンクリスチャンですが嗜みのひとつとして。
今はインターネット上に様々な資料があるので
合わせて楽しんでいます。
 
たまたま立寄ったペットショップでは
バーゲン中の可愛いお洋服を発見したので
久しぶりに買いだめ。
白犬さん、シニア世代に入ってから増量したので
(人間でいうところの中年太りですね)
若い頃のお洋服はパツンパツンなのです。
体型が特殊なウエスティのお洋服は色々と難しく
気になっていた案件なのでよかったよかった。
 
新年出勤早々に笑わせてくれる同僚がいて
丁重に挨拶を交わす間柄の方がたくさんいる。
他の部署の先輩に接客のことを褒められるという
照れくさくもめちゃくちゃ嬉しいお年玉まで頂きました。
そういうサプライズができる人でありたいな、と
心から思いました。
 
 
 
いいことばかりではなくて
合間合間には
バスに置いてけぼりにされたり
コインランドリーの空きのタイミングが外れたり
左手の腱鞘炎は悪化させてしまったし
無礼なドライバーに出くわしたり
無作法な店員にため息が出たりetc etc
舌打ち案件もチラホラありました。
 
怒ることは必ずしも悪いことではないけれど
舌打ちするかどうかは自分次第、とだけは
より、自覚して生きたいもの。
健やかに穏やかに
過ごせる時間が長い方がいいなと思うのは
また1つ年を取って
丸くなった証かもしれないけれど
そんな自分が、今はとても愛おしいです。
 
 
 
 
11ヶ月立って振り返る頃には
なんだかんだいい1年だったと感じられますように
コロナ禍の収束と共に願うばかりです。
 
 
それでは、また。
 
 
↓ランキング参加中!クリック頂けると励みになります↓
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

 
 

今日と明日と。

f:id:sora-umi-inu-watashi:20211231205333j:plain

 

 

こんにちは、riecoです。
 
 
 
2021年、今年最後の「はじめて」体験は
ハンドケアとネイルでした。
 
ネイルサロンに入るのも
ネイリストさんと会話するのも初めて。
他人に爪を切ってもらうのは赤子の時以来
マニキュア?なんとかコート?
買ったことがないどころか
売り場に立ち寄ったこともありませぬ。
若かりし頃から今に至るまで
オシャレ全般に関するお色気の無さっぷりは
ビックリ通り越して天晴れです、つくづく。
 
 
過ぎ去ったことは変えられないけれど
大人になってから出現した
左手の運命線のどこかに
吉報がないかしらと期待してみたり
たとえば年末年始のような節目っぽい時に
目標とか誓ったりしたくなるのですが
今年は、そうゆうの
一切合切辞めてみることにしました。
 
純粋な願いごとならばいいのだけれど
憂いから始めてることが多過ぎるなあと
思うからです、私の場合。
それから
この片手で触れることができるくらいの世界を
今日、できるだけ美しくしておければ
私には十分に上出来なのだなあと思うからです。
 
 
 
美しいものはきっと
綺麗なところに惹きつけられるでしょ?と
手をケアしようと思い立った気持ちに
やや邪な想いが見え隠れしてますが
こんなポジティブもいいでしょ、ということで。
 
色々なことがあった2021年だけれど
私個人のこれまでとこれからの中では
きっとトップレベルに安定していた
幸せな1年であったことに違いないでしょう
だから来年ではなく、明日。
2022年の始まりの日が
なるだけいい日でありますように
それだけでいいのです。
 
 
 
ブログを通じて出会えました皆様と
皆様の大切な方々の
ご健康と心の平安を願っています。
 
 
 
それでは、また。
 
 
 
 
↓ランキング参加中!クリック頂けると励みになります↓
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

2021年12月後半の鑑賞記録

2021年12月後半に鑑賞した映画の記録。

 

 

オルコットの不朽の名作「若草物語」とその続編「第二若草物語」を基にした作品。原作両作品を愛読・熟読している私にとっては、子ども時代にタイムスリップする大人のジョーに会えた!夢のような映画でした。星2.5。

 

 

人気ドラマ(だったそうですが観たことはない)から派生した映画第一弾。主要登場人物だけ下調べしてからの鑑賞。冒頭で挫折しそうになった瞬間があったが、そこを超えるとスイスイと最後まで。真夏に炭酸を一気飲みした時のような爽快感溢れる内容に拍手。楽しかった。星みっつ。

 

 

湊かなえ「告白」原作。中学校女性教師が、教室で退職の挨拶を行う際に自分の娘を殺した犯人が生徒の中にいるという告白からはじまる、告白繋ぎの物語。定点にいつつも、様々な角度から物事を見せつけられる快感はちょっと例えようがない。(あくまでフィクションとしてだけれど)映画化としても成功と感じたが、原作もきっと素晴らしいに違いない。近く読んでみようと思う。星みっつ。

 

 

コンフィデンスマンJPの映画第二弾。勢いという点では前作に劣るものの、関水渚によるシンデレラガールの熱量がすごい、輝いていました。長澤まさみ演じる主人公ダー子がたまに見せたオカンっぽい演技もよき。とにかく東出君はしっかり頑張れ!と言いたくなりました(余計なお世話)、星2.5。

 

 

ジャンルは違えどクリエイティブの現場にいた経験がある身として、それぞれの想いをディスることは避けようと思う。しかし、1観客として言いたいことはある。選曲と編集の趣味が悪い無駄が多い。最後まで視聴したのは原作者と俳優陣へのリスペクトの気持ちだけ。自慰映画には懲り懲りだ。星はありません。

 

 

息子が無事に殺人者として帰宅するか、殺された被害者となって帰宅するか。恵まれた一家に降って沸いた究極のテーマが主題。2時間ドラマ的に思われるが、これはキッチリ映画。チーム一丸となって磨き創りあげられた世界の中で、父、母、娘(妹)、それぞれの心情がビシバシ響く、久しぶりに泣かされました。星みっつ。

 

 

ルーブル美術館で館長が殺されて...から始まる、キリスト教をベースとしたミステリー。視聴後に解説サイトを覗いたら、内容はほぼきちんと理解できていたことがわかったものの、読破した時のようなスッキリ感はなし。子どもの頃から教会に通っている文化背景が身近にないことも関係していそう。そのうち、原作も読んでみることにしようと思う。星ふたつ。

 

 

 

島本理生による恋愛小説「ナラタージュ」は、2006年版「この恋愛小説がすごい」第1位に輝いた作品だそうで、そんな事も知らずうっかり見てしまった私が馬鹿だった。年上の男性に恋した経験があると、ちょいちょい胸の辺りに熱を持つシーンがあるとだけ書いておこうと思う。悪い気はないけれど結果としてほんの少しの不倫的要素、恋未満レベルでのsexという、人間らしく曖昧な一面をエンタメとして楽しめるか否か。後者の方は回避が無難の作品。星ふたつ。

 

 

 

有名度は説明不要レベル。でも観たことがなかったので経験として鑑賞。流行した当時に観てなんぼ、時代を越えていく作品ではなかったことがわかりました。星1.5。

 

 

 

映画部とは

映画どころかドラマすらロクに鑑賞経験がないままアラフィフに突入した当ブログ管理人による、映画鑑賞を主とした活動の愛称です。誰かの役に立つレベルでないのをよいことに、映画初心者らしさ全開のとっても素直な感想を綴っています。尚、映画鑑賞は、月額500円のAmazon Prime(1ヶ月無料体験あり)を利用しています。

 

星の数の基準は以下としています。

星みっつ:出会えてよかった!
星ふたつ:観てよかった!
星ひとつ:率直に言って微妙でした。

 

↓ランキング参加中!クリック頂けると励みになります↓
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

 

真っ黒なお鼻の白犬さんにもサンタさんが来たよ!

f:id:sora-umi-inu-watashi:20211225223723j:plain

 

こんにちは、riecoです。
 
大きくて真っ黒なお鼻と真っ黒な目がチャームポイントの白犬さんの元にも、サンタクロースが来てくれました。お利口さんに過ごしているのだから、来てくれて当たり前ですけれども。
 

f:id:sora-umi-inu-watashi:20211225223807j:plain

 
サンタクロースが選んだのは、アンベルソの枕つき高反発ベッド。
 
白犬さん、本当は柔らか〜いベッドとか羽毛布団が大好きなのですが、年が明けたら13歳。寝起きの足元のふらつきが気になるお年頃なので、しっかりしていて、かつ、お手入れしやすいベッドが決め手となったそうです。これから、睡眠時間は増加傾向にありますしね。
 
そして、ちょっとでも馴染みやすいようにと、ふんわりふかふかのカバーもおまけしてくれたのがよかったみたい。嫌なものは嫌で絶対に使わない(ほとんど使わなかったベッドは数知れず)、ワガママな  違いがわかる白犬さんですが、早速、愛用してくれて有難う!
 
 
来年も、楽しいクリスマスを一緒に過ごせますように。
 
 
それでは、また。
 
 
 
 
↓ランキング参加中!クリック頂けると励みになります↓
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

For the First Time in Forever

f:id:sora-umi-inu-watashi:20211222203833j:plain

 
 
こんにちは、riecoです。
 
 
コロナ禍にくわえ、個人的には上腕の不具合が長引いた2021年。
チャレンジしたいことをいくつも諦めたのは残念だったけれど
実現できた「生まれてはじめて」も、ちゃんとあるのです。
 
Apple Watch等のガジェットデビュー
ひとりでコンサートに行ったこと
傷んだ靴を捨てないで修理に出したこと
同じ洋服のイロチ買いをしたこと
 
他にも、旅行とか、セリを食べたとか
美顔器を使いはじめたとか
最近ではPCで映画鑑賞をしたとか
他人から見たら小さな出来事ばかりでも
私にとっては貴重な「生まれてはじめて」の数々
本当は、あのフレーズつけて口ずさみたいぐらい
楽しいことだらけなのですが
今はちょっと、胸がキュッと音を立てる。
 
伸びやかで艶やかで
心を浄化させる方向へ
グイグイ導く力溢れる歌声は
「生まれてはじめて」という言葉に
本当にピッタリだったから
だからもうしばらくの間は、悲しませて下さいね。
 
 
 
 
 
 
俳優・神田正輝
歌手・松田聖子
そして、12/18に急逝された
女優・歌手・声優である神田沙也加さん。
 
芸能人としての
ファミリーが揃った姿を公にされたのは
沙也加さんが荼毘に付された後に開かれた記者会見が
多分、はじめてだったように思うのですが
このシチュエーションだけは想像したくなかったな、と
小さなファンとしては思っちゃいました。
 
もしも、救いがあるというのなら
優しいパパとママは
とても愛おしくてセンシティブな娘を
この薄汚れたしょうもない世界に
ひとりぼっちで残さないですんだ、ということなのでしょうか
こういう時だけはいると信じる
万能な神様のなさりようとしては
あまりにも辛く哀しいのだけれども。
 
 
 
 
「生まれてはじめて」
 
英語では
For the First Time in Forever
と表記することを知りました。
初めて と 永遠 の組み合わせなのですね。
 
神田沙也加さんの遺した
たくさんの過去の作品達は永遠
これから先も多くの方を魅了することでしょう
私ももう1度、あなたに会いに行こうと思います。
 
チームKの公演でお会いしたかったんだからね!
と、ちょっぴりの愚痴は許して下さい。
 
 
 
 
今は、どうぞ安らかに。
 
 
 

2021年12月前半の映画鑑賞記録

2021年12月前半に鑑賞した映画の記録。

 

よしながふみ原作の漫画「大奥」の実写映画版。昔、原作を読んでワクワクしたような気持ちを抱くことなく淡々と鑑賞終了。それにしても、主役の二宮和也柴咲コウ、おふたりの芸が若くて若くて...。星1.5。

 

ホットロード

ホットロード

  • 能年 玲奈
Amazon

 

紡木たくの大ヒット漫画「ホットロード」の実写映画版。多感な中学生時代に原作を繰り返し読んでいた者としては、ただただ懐かしさばかり。能年玲奈木村佳乃による宮市母娘が個人的イメージにハマっていたのが吉。星1.5。

 

 

極貧一家の男の子が世界的に有名なチョコレート工場見学が出来るという超ラッキーに恵まれて・・・夢のあるスイートでハッピーな映画と思い込んでいたら、なんともシュールで偏屈で(笑)ぶっちゃけ苦手寄りの世界観なのに嫌いになれない、困った位置付けに降臨。忘れた頃にもう1度観てみよう、星ふたつ。

 

 

子供の頃大好きだったのです、シティハンターのEDでかかるTMNGet Wild。久しぶりのシティーハンター劇場版いうことで、公開当時に色々と話題になっていたことを思い出して視聴したが、もう、アラフィフが観る映画ではありませんでした。思い出を書き換えることが必ずしもよいことではないという典型。星ひとつ。

 

 

真面目な整備工、事業家で大金持ちという真逆的な人生を歩んできた2名が余命宣告された患者として病院の同室で出会い、死ぬ前にやり残したことを実現していくストーリー。素晴らしかった、ただただ素晴らしかった。フィクションである映像作品に影響される性格ではないが、この映画を観たら、私もワガママに一所懸命になって生きようと誓いたくなった。星みっつ。

 

 

キーワードは第二次世界大戦、ドイツ、ユダヤ人。オスカー・シンドラーが1000人以上のユダヤ人を救った実話を基にした小説からの映画化。歴史系映画については、正しさの追求と娯楽としての捉え方をバランス取るのが難しいので、適当な距離感が必要に思うのだが、ぐいぐい迫ってきて随所で身につまされた。重厚な作品。今後、地上波で(無修正版が)観れる可能性はあまりなさそう、Amazonにも感謝。星みっつ。

 

 

鎌倉で同居している3姉妹の元に、父の死をキッカケに腹違い(元不倫相手)の妹が加わるストーリー。私が邦画に勝手に抱いている「ふんわりしているが隅々までキメ細かく整えられている」イメージそのまんまであり、理想的な質感の作品。欲を言えば後半の魅力的な俳優4名の心情の変化をもっともっと見たかったな。末っ子役の広瀬すずちゃんが、自身だけ台本なしで役に挑んだというエピソードを聞いた覚えがあるのだが、お姉さん方に負けずとも劣らず魅力的でした。星ふたつ。

 

 

映画部とは

映画どころかドラマすらロクに鑑賞経験がないままアラフィフに突入した当ブログ管理人による、映画鑑賞を主とした活動の愛称です。誰かの役に立つレベルでないのをよいことに、映画初心者らしさ全開のとっても素直な感想を綴っています。尚、映画鑑賞は、月額500円のAmazon Prime(1ヶ月無料体験あり)を利用しています。

 

星の数の基準は以下としています。

星みっつ:出会えてよかった!
星ふたつ:観てよかった!
星ひとつ:率直に言って微妙でした。

 

 

 

↓ランキング参加中!クリック頂けると励みになります↓
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ